一般人が知識0から始めたブログ(実験中)*

ミーハーで多趣味。引き出しがちょっとだけ多い医療人のblog*

リアルインハンド!?埼玉にエボラ出血熱が上陸の疑いも検査結果は陰性

 

 

エボラ出血熱感染疑いの女性が国内に!?検査結果に注目が集まった

 

f:id:riko0704xx:20190804162651p:plain

 

 エボラと名前を聞くだけですぐに恐ろしい病気と感じるほどエボラ出血熱は怖い病気です。致死率も約50%と言われるくらい死者が多い病気で、コンゴ共和国では現在進行形で大流行している病気です。

 

そんな怖い病気に感染しているかもしれない女性がいたとSNS上でも大騒ぎになりましたが、検査の結果陰性だったことが発表されました。

 

 

 

 

陰性で一安心だったのですが、このエボラ出血熱という病気がかなり気になったので調べてみました。

 

感染疑いがあった女性は今?現在どこの病院にいる?

 

f:id:riko0704xx:20190804163516j:plain

 

エボラ出血熱の疑いがあったのは埼玉の70歳の女性で、先週の7/31にコンゴ共和国から帰国しました。コンゴ共和国では昨年の8月から現在までの死者数が1800人を超えるほど大流行しているんです。

そんな国から帰国し、帰国後の8/3に38.2度の発熱があり、同日の夜には39.2度に上がったため医療機関を受診しエボラ出血熱に感染している可能性があると隔離されたようです。

病院の名前は明らかにされていませんが、埼玉の女性と発表されているため埼玉の病院にいるのではないでしょうか。

そして16時40分頃に陰性だったと発表がありました!

 

よかった・・・。

 

この女性は現在都内の病院に入院しており、インフルエンザの治療を行っているとのことです。

 

 

もしエボラ出血熱に感染した場合、どのような症状が出るのか

 

 

気になる症状について詳しく書かれていたものを引っ張ってきました。

潜伏期間(感染から発症するまでの期間)は2日から21日です。症状が発現するまでは、その人は感染力をもちません。初期症状は、突然に襲われる発熱を伴う倦怠感、筋肉痛、頭痛、咽頭痛です。これらの症状に続いて、嘔吐、下痢、発疹、腎機能および肝機能の障害が起こり、しばしば内出血と外出血(歯肉出血や血性便)がみられます。検査所見では、白血球減少、血小板減少、肝酵素の上昇がみられます。

 引用元 https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2017/06201038.html

 

怖い病気とは知っていましたが、詳細をするとやっぱり怖いですね。万が一日本でこのような病気が感染したら・・・ぞっとしますね。

では、感染経路はどうでしょうか。

 

エボラ出血熱を引き起こすエボラウイルスの感染経路は?

 

 

 

っとあるように、空気感染はしません。体液、唾液、吐しゃ物、排せつ物などからによる接触感染のみのようです。

 

リアルインハンドの恐怖

 

 

SNSを見ていて、予想以上にエボラ出血熱に関心を持っている人がいて、しかも若い世代の子が多いことにビックリしました。

まだ中高生の子達でもエボラ出血熱を知っている人が多くてすごいなぁ・・・私が同じくらいの頃には知らなかったと思うけど。。。などと思っていたのですが、なんと!!大人気医療ドラマ「インハンド」エボラ出血熱の放送回があったようです。

見てなかったとは言えない・・・。

 

 

 

 

インハンドで取り上げられていたのは新型エボラで、発症すると5日以内に死んでしまうという恐ろしい病気でした。

今回、コンゴ共和国から帰国した女性に感染の疑いがあったエボラ出血熱とは別物なのでお間違えのないようにお気をつけください。

 

 

 

エボラ出血熱に特効薬はある?

 

どんな病気にかかったとしても、インフルエンザにはタミフルリレンザなどのように特効薬があれば安心ですよね。それに今も多くの人々が苦しんでいるコンゴ共和国や隣国の感染者に投与出来たら死者も減っていくのではないでしょうか。

 

調べてみたところ、特効薬は現在はまだ開発されていません。どこの研究所でもまだ研究中の段階のようです。

 

富士フイルムグループの富山化学工業の薬がエボラに効果アリの噂

 

f:id:riko0704xx:20190804170631j:plain

 

特効薬は完成していませんが、富山化学工業が手掛けている「アビガン錠」という薬がエボラウイルスに効果があるという噂を聞きつけました。

もともとこの「アビガン錠」は、インフルエンザの治療薬として開発されたもので抗ウイルス効果があるとされています。マウスに対しての実験でも効果は確認されており、欧州でエボラ出血熱の感染拡大が懸念された時に、緊急対応として何名かに投与されていました。

もし、全世界が恐れるエボラ出血熱の特効薬を日本が1番に作り上げたらとても素晴らしいことですね。期待が高まります。